パンと器と日々のこと

パンと器と音楽好きな日々雑記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
倉敷へ。
倉敷へ行ってきました。フィールドオブクラフトに合わせて。
フィールドオブクラフトでは、意外な人とばったり会ったり、楽しかった。すてきなもの、おもしろいもの、たくさんありました。


今回は車で行ったんだけど、けっこう近かった。サービスエリアも楽しいし、また来年行けたらいいな。





白鳥の子供が産まれてて、かわいかったなぁ。
| hitomi | | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋へ。
名古屋へ。中村一義とサニーデイサービスのライブ、ダイヤモンドホールで。大好きな曲ばかり。楽しかった。やってるみんなも楽しそうだった。

名古屋めしも堪能。ひつまぶし。

味噌煮込みうどん。

コメダ珈琲。
| hitomi | | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
倉敷。
5月8日、9日に行われたフィールドオブクラフト倉敷、2日目の日曜日に行ってきました。
あんなに楽しみにしていたのに直前に風邪をひいてしまい、土曜日はしんどくて諦めました。日ごろの行いが悪いのか。。。
会場に着いてすぐに行列が見えて、もしやこれは。。。と思ったらやっぱり「小さじいち」さんのパンを買い求める列でした。せっかくなので列に並び何とかパン買えました。30分は並んでました。一人5個までだったので5個いろいろ買う。ノラヤさんの焼き印の入ったパンとか袋もいちいちかわいかった。
 
パンもゲットしたことだし、ゆっくりと見て回ることに。
心に残っているもの。
鳥山高史さんのガラス。粟谷剛さんのポット敷き(木の十字の)。北野真理子さんのアクセサリー。鍋とかストラップシューズとかのモチーフがかわいかった。富井貴志さんの拭漆の豆皿と匙。
吉田次朗さんのところで欲しかった大きめの板皿を見つける。銀で継いであるところがつぼでした。
市川孝さんのところはもう品薄でお暇そうでした。顔見知りの作家さんとはお話しやすい。
いつも出されていらっしゃると思うけど、松島しづさんのノッテッィング織りの椅子敷き、緑と黒の色合わせに惹かれて。もう買おうと決めていたけど何度も行ったり来たりしてあの椅子にぴったりなはずと、買ってもいい理由を探しながらうろうろ。やっぱり買って良かった。あの椅子にぴったりでした。座らせていただいていたのでふかふか具合は確認済み。
AVRILの指編みで作るシュシュのワークショップ、みなさんかわいいのを作られていたのでやってみたかったけど、待ちみたいだったのでキットだけ買ってみる。お買い得な糸もたくさんあったのにもっとじっくり探せばよかった。
玄米食堂 元気屋さんの玄米おむすびで元気をもらう。

会場近くのギャラリーではちょうど赤木明登さんの展覧会が。やっぱりいいなぁ、漆。椀欲しいなぁ。茶托もいいなぁ。また近々見せていただけそうなのでまたの機会に。
倉敷民藝館へ。企画展は「民芸が生きている国の工芸展 アフリカ・ヨーロッパ編」。アフリカのかごとか生活の中での必要のものであって使われている姿がすごく美しいなぁと。
いつも欲しいなと思っていた倉敷ガラスの小鉢をついに買う。家できれいだなぁと眺めています。グラスも買えば良かったな。
その後は民藝とをる、平翠軒などいつも寄る所を廻って。しんどいわぁ、と思いつつも楽しくて歩きすぎました。会いたかった方々にもお会いできたし、満足な1日でした。
| hitomi | | 23:56 | comments(4) | trackbacks(0) |
松山へ。
土曜日、松山へ行ってきました。
サンキエームでは大橋歩さんの版画展の初日で会場に大橋さんもお見えになっていました。ずーっと長い間憧れていた方を前にどきどきでした。写真で見たまんまの素敵な方でした。ぱっつん前髪のおかっぱも、にこにこの笑顔も、ギャルソンのサルエルパンツもとてもお似合いでした。ずっと仕事もされてきて、くらしも大事にされているところが好きでエッセイを読むのも楽しみで、Arneを始められてからますます精力的なところがすごいなぁと思います。持っていた本にサインもしていただき、うさぎのイラストもすらすらと描いてくださって、とても感激でした。今回の版画展はアルネヤコブセンの椅子とかカトラリー、キッチン道具、alfrexの椅子+動物のシリーズの。どれも素敵で、見ていたらやっぱり欲しくなり、これという1枚を選ぶ。少々浮き足立っていたような気もするけど、記念ってことで。ここのところいろいろと思い悩む所があったけど、前に進んでいかなきゃと思わせてもらえたような気がします。大橋さんにお会いできてほんとに良かった。

いろいろお店を見たりしながら1285.coffeeさん、ジャルダンと、カフェをはしごしたり、坂の上の雲ミュージアムを見に行ったり。(外観だけ)。松山市駅横の蒲鉾店で母のリクエストのじゃこ天を買う。ここのはおいしかったので今度からここで買おう。

1285.coffeeさんはとても感じが良かったです。

ジャルダンではコーヒー豆も買う。

坂の上の雲ミュージアムは安藤忠雄氏設計。
今回は行けなかったけど、ショップカードを見て行ってみたかったgranolaさん。次の機会に。
| hitomi | | 23:56 | comments(8) | trackbacks(0) |
東寺の弘法市へ。
日曜日に母と東寺の弘法市へ行ってきました。バスツアーで。一度行ってみたかったのです。
21日がちょうど日曜日と重なっていたのもあってか、終いの市ということもあってか、ものすごい人の多さにびっくり。たくさんのお店が並んでいてわくわくします。
骨董屋さんもいろいろとあり、見ているだけでも楽しい。ガラスのものが気になり皿とグラスを買う。おじさん、おまけしてくれました。あとは麻屋さんで麻糸と綿糸を。でっかい巻きで、安い。芯が木製でかわいいです。身近なところで市があるといいなぁ。母もいろいろ買い物して満足げ。
錦市場でだし巻き、豆乳ドーナツ、焼き餅など買い込み、またバスに揺られて帰ってきました。



おまけ
| hitomi | | 22:10 | comments(6) | trackbacks(0) |
たびのつづき。
2日目、朝からあいにくの雨模様。
黒メックに行ってパンをたくさん買う。
二条城の方まで歩いて喫茶店で休憩。
モーネ工房で堀井和子さんの文字と数字展を見る。

堀井さんのコラージュ箱に入ったガラスや包装紙、いろいろと素敵。堀井さんが20年間作ってらっしゃる写真と数字のスタンプの手作りのカレンダーの中から10年分の展示も。
午後からSOLE cafeでカジくんのカフェライブ。
DMCの話やら、foot!のテーマ曲8年分聴いてみようっていうコーナーやらいろいろ楽しく。
根岸くんカットになったカジくんもまた。サリー〜の振り付けもまた。甘い〜もまた。らしくてかわいかった。レイン♪久々に聴けてうれしかったー。
ライブ後、SOLE cafeのわりと近くにあるパン屋さんklore。またいろいろ買う。ハード系のがおいしかった。

きのこの形をしたパンの中にベシャメルソースときのこ。かわいくておいしい。

雨林舎でホットケーキ。

錦市場を見て回ってだし巻きを買う。
たくさん見て歩いた2日間。またどこか行きたいな。
| hitomi | | 20:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
おおさか、きょうと。
友人と土日で大阪、京都へ行ってきました。
Sajiではwindow marketの日。パンやお菓子、気になるのがいろいろ。買ったパンを早速近くの公園でいただく。
気になっていたn100の巻きものも実物が見れてよかった。いいなと思っていたのがやっぱりかわいかったので買う。来週(もう今週末ですが)にはn100の春夏の展示会もあるそうです。見てみたいな。
木テーブルではchiclinの秋冬展示会。コートがかわいかった。長く着れそう。
赤い電車で京都へ。
ホテルへチェックインしてから散策開始。
kitone、マスタード、ミナペルホネン。。。お店を覗きながらてくてくと。
四条から北へ北へと。行ってみたかった「みすや針」にも。
市役所裏のエリアへ移動し、洋服屋さんとか見る。村上開新堂のロシアケーキ、夕方だったけど3種類はあったのでよかった。
さらにてくてく。草星へ。器いろいろ見せていただく。額賀さんの三角のオブジェのようなのが気になったけどちょいと重く、旅人なので諦める。
ボンボランテ、hohoemiも一応のぞいてみる。やはり夕方なのでパンはあんまり残っておらず、少しだけ買う。
出町柳まで歩いて、叡電で一乗寺まで。晩ご飯にしてから恵文社へ。いろいろ気になるものがあった。面白そうな本を見つける。みつばちトートの染めにこだわった展示もちょうど開催中で、泥染めのも藍染めのも良い風合いだった。
ホテルに戻り、1日目終了。それにしてもよく歩いたー。
2日目につづく。
| hitomi | | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月13日(日)大阪、京都ぶらり。
先週の日曜日、コーネリアスのライブの次の日に久々に大阪と京都をぶらっとしてきました。
道頓堀を10年ぶりぐらいに歩いたりも。7月で終わってしまうらしいくいだおれ人形の前には人だかり。吹き出しが付いていてかわいかった。たこ焼き食べました。

友と別れひとり京都へと向かう。京阪で丸太町で降りて橋から見える鴨川はまだ若干桜も残っていてきれいでした。

モリカゲシャツを覗いて草星さんへ。久々に行ったけれど、同じ空気を保ってらしていいなぁと思う。器もいろいろ欲しくなるけどとりあえず我慢。ふだんに使っている安藤雅信さんの箸置きを2つ買い足す。形がいろいろで悩む。次はボンボランテでパンを買う。豆カレーパン、ごまとチーズのパンなど、いつも買うのに加えて他のお客さんがみんなパンプディングを買ってらしたのでまねして買ってみる。家で食べたらおいしかったです。次も大好きなパン屋さん、hohoemiへ。ここでもいつも買うフロマージュやショコラなどを買い込み、近くの川べりでちょっと休憩。確か1年前もここでこうしてパンを食べたような。しかも同じパン?ゆるりとした時間の中でいろんなことを考えたり考えなかったり、何だか贅沢なひとときでした。

街なかの雑貨屋さんや洋服屋さんを見て歩いて喫茶店に寄ったりそろそろ帰ろうかなぁと。六曜社でコーヒー豆を買う。1週間ほどの賞味期限なので飲める分だけを。

京都駅に戻って京都タワーを見上げる。タワー好きなもので。また来ます。

結局大阪まで戻って行ってみたかった木テーブルクロゼットに行ってみる。やっぱり好きな感じでした。最後にSajiへ。井藤さんのシェーカーボックス、また今度欲しいなぁぐらいの気持ちだったのに買ってしまう。お裁縫道具入れにしよう。
| hitomi | | 20:25 | comments(2) | trackbacks(1) |
福岡ぶらり。〜後編〜
夜はドラムロゴスへ曽我部恵一バンドのライブを観に行く。前日の青森から車で22時間の移動!で来られたそう。お疲れです。でも曽我部さんと上野さんは免許持っていないらしくケニーさんとオータさんの運転だとか。ほんと、おつかれさまです。センチメンタルな夏ツアーということで夏の曲をたくさん演ってくれました。今回のアルバムの曲はもちろん、サマーソルジャーや江ノ島も!恋人の部屋とか胸いっぱいも久々のような。いつもにも増して熱いライブでした。曽我部さんのライブは全力でやってくれているのが伝わってくるしほんとに楽しい。広島でも見かける人も見かけたり、遠征組もけっこういたのかな。
次の日は天神〜警固〜薬院〜平尾をぶらぶら。でもお盆ということもあってお休みのお店もちらほらと。行きたかったのにお休みだったところもあってちょっと残念。ずっと欲しいリストに入っていたバッグもついに買う。ユーロ高の影響で今月から値上がりするっていうのは知っていたのだけど。先月東京で買っておけば良かったと思ったり。せこい。かわいいネックレスを見付けたけど、バッグ買ったしと諦める。でも欲しいなぁ。
ほんとは今回も吉井町の四月の魚まで足を伸ばしたかったけど、暑いしねぇとくじけて街ぶらになってしまいました。また行けるかな。行きたいな。
サマー・ソルジャー
サニーデイ・サービス
| hitomi | | 23:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
福岡ぶらり。〜前編〜
12日に曽我部恵一BANDのライブがドラムロゴスであったので、それメインで福岡に行こうと思い立ったのが1週間前。今回は割と即決で行こうとなったので(いつもはうじうじと悩みがち)、それなりに行きたいお店とかも調べる時間もあったので良かった。1泊2日、どんな旅になったのでしょう。
初日はライブに備えて控えめに。やっぱりここは行かないと!と、TRAMさんへ。久しぶり。やっぱりかわいいなぁ。かご好きとしては店内のかご全て気になり。ちょっと深めのフィンランドのパンかごを買う。相場?より安かったような。大きなかごも欲しいのがあったけど今回は見送る。

表の看板とかお店前のディスプレイもかわいい。

セ トレボンの2号店も近くにオープンしていたので寄る。おいしそうなパンをいろいろ買う。
KRANKではいいなぁと思う家具がいろいろ。いい雰囲気。ARTS&SCIENCEのバッグも置いてあった。そして今回とても行きたかった「ふくや」さんという古道具屋さんへ。以前は太宰府でお店や市をされていて、その頃からいろんなところでふくやさんのお話を耳にしていていつか行ってみたいなぁと思っていたのです。福岡市内に移られたと知ってこれは行ってみないとと思っていました。が、大体の場所しか調べていなかったのでちょっとぐるりと廻ってしまいました。この日の気温37度。汗がどんどん噴き出す。

てくてく歩いてると「小鳥神社」発見。小鳥神社ってかわいくないですか?
見つかった。

階段を登って行くと、古いけど雰囲気のある1軒屋が。外で作業されていたご主人たちが迎えてくださいました。お話するのは初めてだったんですが、やはり以前、星鈴音で内田鋼一さんの個展の時にお見かけしたお二人でした。玄関に入るともういろんな器や何だろうこれ?っていうものが感じ良く置かれていて、どんなものと出会えるんだろうとわくわくしました。じっくりと見させていただく。古いものに混ざって吉田次郎さんの器も。吉田さんの器は古いものと並んでいても違和感なくとても感じ良くそこにありました。今度個展も予定されているそう。ずっと見ていて気になった錆びた箱をお持ち帰り。手紙を入れたら良さそうと部屋の机の上に置いてある姿も浮かんだので。たくさん汗をかいたのでいただいた冷たいお茶がとてもおいしかった。そのグラスも素敵でした。またお邪魔したいなぁ。
後編につづく。
| hitomi | | 00:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ WISH LIST
+ amazon
+ SPONSORED LINKS
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE